Betta cf.pugnux (Nangah tayap)
[Locality]    Nangah tayap of Kalimantan-barat [Water Condition]    pH6/GH0〜1/KH0〜1  27℃/ 

この個体は西カリマンタンのナンガタヤップで採集したものだ。
ナンガタヤップはポンティアナックからおよそ200kmの南東にある小さな村だ。
クリアウォーターのやや流れのある小川で、大変美しいリコリスも生息していた。
プグナックスの分布は広く、カプアス川でいえば、河口近くにあるポンティアナック近郊で採れたかと思えば、
700Kmも遡ったプトゥシボウの小川にまで生息している。
これだけ分布域が広ければ、少しずつ変異が出るのは当然だろうと思う。
飼育自体は特別変わった事はなにもない。非常に丈夫で、闘争心もさほど無く飼いやすい。これに限らずベタはよく跳ねるので、ケース には隙間なくふたをしましょう。

[back] [next]