Betta uberis"Pangkalanbun"

[Locality]    Pangkalanbun of Kalimantan-tengah   [Water Condition]   pH4.0/GH0〜1/KH0〜1 導電率20μS/25.7℃/light brown water

中央カリマンタン西部の町、パンカランブン郊外に生息する赤ベタ。
ブルディガーラタイプのベタとしてかなり以前から良く知られているが、未だに学名はついていない。
今のところブルディガーラの地域バリエーションとする考えと、別種とする考えがあるが結論には達していない。
背ビレはコッキーナタイプのベタより幅が広く、体側一面にブルーメタリックが強く表れる。
また体側のブラックスポットはある個体と無い個体が同場所に生息しており、個体差であると考えることが出来る。
生息地は低地の湿地林の中で、水底に落ち葉が堆積している浅い場所であり、このタイプのベタの典型的な生息場所である。
同場所にはフォーシィタイプのベタも生息している。

2006年6月についに新種として記載されました。長かったですね〜・・・。
おっと、そうなるとsp."Sukadana"はどうなるんだ!?

[back] [next]