Sphaerichthys osphromenoides
[Locality]    Kalimantan-Barat Sarawak,Malay,Sumatra [Water Condition]  pH4〜5/GH0〜1/KH0〜1  26〜27℃

アクアリストには古くから知られているご存知チョコレートグーラミィ。
マレー半島からボルネオ島のサラワク、西カリマンタンのカプアス水系などの低湿地帯に生息する。
オスフロメノイデスの亜種とされるセラタネンシス種を西カリマンタンのクタパン辺りまで確認している。
この2種の境界線はこの辺りになるだろうと思われる。
卵を口に咥えるマウスブリーダーだが、同じ属のバイランティ種やアクロストマ種とは繁殖生態に違いが見られる。
バイランティ種はオスが卵を咥えるが、この種はメスが咥えるとされている。
もちろん亜種とされるセラタネンシス種もメスが咥えるということになるだろう。

[back] [next]