Betta chloropharynx

[Locality] Pulau Bangka   [Water Condition]  pH4.5〜5.5/GH0〜1/KH0〜1 導電率10μS/26.8℃/  clear water 〜 brown water

バンカ島にのみ分布する固有種。
スイスのKottelat博士によって1994年にアカレンシスグループのベタとして記載されたが、
後にシンガポールのタン博士によって、ワセリーグループとして整理されたようである。
特徴は顎の下に薄いグリーンの2つの楕円形のパッチがあることで、他種との見分けは容易。
様々な環境に棲息していて、シャレリーやsp.”BANGKA”等と生息地が重なっていることもあるが、より低湿地帯に多い。
ワセリーグループは気の荒い種類もいるが、このベタはそうでもないようだ。
10cmを超えてくるので、できれば飼育水槽は45cmが欲しい所だ。

アゴ下の斑紋が特徴

採集直後の個体

Betta chloropharynx,Betta sp."Bangka",Betta schalleri,from the top

[back] [next]