Parosphromenus anjunganensis
[Locality]    Sungai kepayam of Anjungan Kalimantan-Barat  [Water Condition]  pH3.5〜4/GH0〜1/KH0〜1/  導電率40μS/27℃/deep black water  

その名のとおりアンジュンガンという小さな町の周辺に生息する。
生息地は湿地帯の森を流れるやや大きな川で、ものすごく真っ黒けな川なのでちょっと怖いが入ってみると水深はだいたい1mほどだ。
このリコリスの特徴は背びれ、尻びれ、尾びれがエンジ色一色になっていることで、尾びれはラウンドテールだ。
岸から水中に覆い被さるような草の影などに好んで生息している。
同所には同じリコリスのオルナティカウダやベタ・ルティランスなども生息する。

                                                                       
[back] [next]