Parosphromenus sp. aff. deissneri?
[Locality]    Pulau Bangka [Water Condition]  pH4.8/GH0〜1/KH0〜1 導電率0μS/25.2℃/light brown water

この個体は当初ビンタン種かと思われたが、その後の調査でビンタンではなく、どちらかというとデイスネリィ種に近いものであることが分かった。
ビンタン種はまた別の場所でこれこそがビンタン種というものが発見された。
この個体群はヒレはブルーを基調としたカラーで、成熟したオスは体色が赤く染まり美しい。
デイスネリィ種には尾ひれの先端がフィラメント状になるものと、この個体群のようにフィラメントにならないものがあり、それが種内バリエーションなのか、別種なのかは現在のところ不明である。

採集直後の♂個体

Parosphromenus sp.aff. deissneriの生息地(Bangka island)

繁茂している水草はウトリクラリアだ!

上の写真のすぐ下流側がこの写真、洗車場じゃーん!!

[back] [next]